【注意喚起】インフルエンザについて

今、園児・学童の間でインフルエンザが流行しておりますが、私、西も木曜日の夕方帰宅直前から症状(悪寒・関節痛・微熱)が出始め、夜8時ごろから高熱(最高で39度6分)およびその他の症状(頭痛・目眩・吐き気)も出てきたので金曜日はお休みを頂いて午後3時ごろインフルエンザの検査を行い、インフルエンザAと診断されました。 ちなみに生後4か月の息子君も同じようにインフルエンザAと診断されたので潜伏機関を考えるとおそらく彼も園に行かなければならなかった月か火にもらったのだと思います。 姉の智子先生も数時間の時差で発熱して同じような症状が出たので私と同じ病院で同じ時間に検査してもらったところ陰性と診断されましたが、本日、熱は36.5度と平熱まで下がってはいたものの検査を受けるタイミングが少し早かったのではないかと睨んで改めて検査をしてもらった結果、やはりインフルエンザAと診断されました。
このように智子先生のパターンは熱が翌日に下がっても、また、一度は陰性と診断されても実はインフルエンザでしたという本当に分かりやすい模範のようなパターンでした。 まだまだこれからも冬から春にかけて様々な感染症が流行します。皆さんも『ただの風邪だろう』と高を括らずにまずはきちんと受診し、検査を受けて下さい。 熱が下がったし、そのまま熱が上がらなかったからと安心して病院に行かなかったり、一度、検査を受けたけど陰性と出たからと安心せずに、用心には用心を重ね、感染症の流行を少しでも拡大させないためのお心配りをお願い致します。